後援会のご案内

誠心会後援会 会員募集の趣意書


 社会福祉法人誠心会は、児童養護施設誠心寮にて子どもの健全育成をめざし、「平等大悲」の理念のもと、「ともに悲しみ、ともに喜び、そしてともに生きる」ことを基本姿勢とし、職員一同子どもへの支援に取り組んでおります。

 平成29年8月に厚生労働省における「新たな社会的養育のあり方に関する検討会」より、「新しい社会的養育ビジョン」が出されました。このビジョンの発出により、平成27年度より始まった岐阜県の家庭的養護推進計画推進(15カ年計画)も見直されることとなりました。原則として家庭養護であり、施設はケア単位の小規模化、地域分散化が必須となっております。また、施設入所になった場合にも、短期間での家庭復帰、里親委託が求められます。同年7月6日には「都道府県社会的養育推進計画」の策定要領が県へと出され、岐阜県では来年度末までに計画を策定すべく進んでおり、おおよそ10年間で実施される予定です。

 誠心寮としては、厚生労働省の方針に基本的には沿いつつも、子どもが不利益を被ることがないよう、慎重に小規模化・地域分散化、及び里親委託推進を実施しようと取り組んでおります。

 ただ、小規模化や地域分散化には、近隣地域での小規模施設の確保が必要であり、また職員の配置を多く必要とするため、国・県の定める職員定数だけでは足りず、職員定数以上を採用そして育成を行っている現状があります。結果として、国、県からいただく措置費では賄いきれない現状があります。

 そこで、当後援会としては「施設の家庭的養護推進に伴う運営資金及び施設整備資金」を趣旨として本年度の会員募集をいたします。子ども達のため、皆様の一層のご協力をお願い申し上げます。




会員要項

1 正会員 会費1口 年額壱萬円

2 賛助会員 会費1口 年額壱千円


令和元年6月29日

誠心会後援会

会長 森 口 祐 子


事務局 岐阜県瑞穂市本田1475

児童養護施設 誠心寮内

058-326-3618